投稿日:

相続放棄の祖父母のポイント

相続放棄において、祖父母からの相続を拒否したいと思っている方も多いかもしれません。
関係としては孫という立ち位置になるので、そこはよく考えて相続のことを考えておくことが必要となります。
実際に相続に関しては、人によって状況が変わってくるので、それぞれの状況ごとに対策を進めていくことが必要となります。

本来、祖父母の遺産に関しては、その子供、つまり父母に相続するのが一般的です。
孫の場合は、さらにその分割した遺産を分割して分配するという考え方が一般的となります。
ただ、孫の場合は「そこまでして相続しなくて良い」「相続放棄したい」と思うこともあるでしょう。
例えば、父母が先に亡くなっていた場合などは、孫に相続の権利の影響も大きくなってきます。
それは、同時に相続税の問題や借金・ローンの問題ものしかかってくることになるでしょう。

例えば、被相続人である祖父母の遺産で、まだ借金やローンが残っているものなどがあるかもしれません。
それらについて把握していたにも関わらず、故意に相続放棄した場合は、他の親族などから訴えられるという事例もあります。
相続に関しては、基本的に財産や資産だけ相続して、借金やローンは相続しないということができません。
相続するのなら相続し、相続しないのなら相続しないという風に、きっちりと決めていくことが必要です。
ただ、裁判所の判断によっては相続放棄が難しくなる場合もあるので、祖父母の財産や資産の状況を把握しておくことが必要となるでしょう。
できる限りは、亡くなってからトラブル・問題が発生しても面倒なので、生前に話し合うようにしてください。

祖父母と孫という立場の場合、なかなか相続についても話し合うことができないことが多いです。
しかし、亡くなってからそういう話し合いを進めたとしても、立ち往生してしまうことも多いです。
その点も考えて対応していくことが必要となります。
なお、冷静に話し合うためには、専門家などの第三者を交えておこなうのが良いです。