投稿日:

相続放棄の父母のポイント

相続放棄をおこなう場合、被相続人が父母ということも多いのではないでしょうか。
実際に父母が残してくれた遺産に関しては、相続放棄したいと思っている子供も多いです。
例えば、その子供がもう成人していて、他の場所で住宅や土地を購入して暮らしている場合、父母の財産や資産を相続することによって逆にマイナスになることもあります。

現金などであれば良いですが、住宅や土地などは管理のも費用がかかりますし、当然ですが相続するのであれば相続税がかかってきます。
そのため、人によっては相続放棄をしたいと思うこともあるでしょう。
子供の頃から育ってきて愛着があるかもしれませんが、後々のことを考えると相続放棄した方が良い場合も多いです。

実際に父母と子供という関係でも、相続放棄することは可能です。
ただ、ポイントとして立場上知っておきたいのが、相続放棄ができるかどうかについてです。
例えば、相続放棄は裁判所を通じて話し合いを進めていくことが必要となることもあります。
相続人が勝手に「相続はしない」と思っていても、遺言書に「どうしても子供たちに相続してもらいたい」と書かれていれば、一考の余地が出てくるかもしれません。
その他にも、例えば両親が持っている住宅や土地の借金やローンがあった場合、勝手に相続拒否してすべて丸投げするということができない場合もあります。
基本的に相続する際に借金やローンが残っていた場合は、その権利も継承してしまうのです。
多くの方はそれを避けるために、相続放棄をしたりします。
ただ、裁判所の判断で相続放棄ができない場合もありますし、他の親族などから訴えられることもあります。

相続に関してはそういう悩みも出てくるので、しっかり考えておきたいです。
事実、相続放棄をしようと思っている場合、父母に借金やローンがあることを知っていながら、故意に相続放棄しようとした場合、それ自体が無効となることもあります。
それらも気を付けておきたいところです。
まずは専門家への相談がおすすめです。