投稿日:

相続税は税理士と放棄の相談

相続税は税理士と相談して放棄するかどうか決めた方が良いです。
相続に関しては、相続人に放棄する権利が与えられています。
例えば、被相続人が借金やローンを残して亡くなった場合、それをすべて相続人が被るというのは、あまりにも酷な話です。
また、相続人にも生活があり、その生活を脅かすような相続の場合は、当然ですが相続放棄をすることができます。
プラスよりもマイナスになるような相続の場合は、相続放棄をして自分の身を守るのが賢明です。

ただ、他にも家族や遺族がいる場合や住宅・土地などの不動産に対しての借金・ローンがある場合などは例外もあります。
本来は遺産分割協議をおこない、決めていくことが必要です。
その際、自分だけが相続放棄すると言うと、そこからトラブルや問題になることもあるでしょう。
十分に気を付けて話し合いを進めていくことが必要です。

そこで重要となってくるのが税理士の存在です。
税理士は相続などで発生する相続税について試算をおこなったり、申告や納付のサポート・アドバイスをしてくれたりします。
相続放棄する際にも、本人がどうなるのかはもちろん、他の相続人の税金がどうなるのかも計算してくれるでしょう。
そこも合わせて、まずは税理士に相談して試算してもらってみてはいかがでしょうか。
プラスの場合は、そのプラスの遺産に対して課税されるだけなので、実際にはプラスになることも多いです。
ただ、マイナスの場合は、マイナス資産が多くなるため、相続人にとってもマイナスになることが多いでしょう。
それを避けていくことが必要となるため、十分に気を付けておきたいです。
わからないことは、とりあえず専門家の判断を仰ぐのが良いでしょう。

税理士の他、弁護士や司法書士など頼りになるスペシャリストが日本には沢山います。
相続などは特に家族や遺族の間でトラブル・問題になることも多いので、十分考慮しておくことが必要となります。
まずはしっかりと専門家に相談して、問題を解決していきましょう。