投稿日:

相続放棄で相続が無効となる場合

相続放棄をすれば、相続自体を拒否するので当然ですが相続する権利を失います。
どんなに財産や資産が残っていても、相続放棄した場合は遺産を受け取ることが一切できなくなるのです。
これは法律で決まっていることで、一度相続放棄をした場合、相続に関わる権利を手放すと思っておくことが必要となります。
ただ、相続放棄に関しては、相続自体が無効となるのですが、相続放棄自体が無効となる場合もあるのです。
そこは注意しておくことが必要となります。

基本的な考え方として、相続放棄に関しては裁判所が認めた場合のみ、可能となります。
つまり、裁判所が不正に相続放棄しようとしている方や隠蔽・仮装・改竄による相続放棄をしようとしている方だと判断した場合、認められないことがあるのです。
その他、借金やローンがあるとわかっていながら、故意に相続放棄した場合などは家族や遺族などから訴えられることもあります。
なぜなら、相続放棄した場合は他の家族や遺族で分割して相続するということになるためです。
住宅や土地の借金・ローンが残っている場合などは、それらも残された家族で負担となる場合があります。
その中で1人だけが「相続放棄します」と言って避ければ、当然の如く家族や遺族から反感を買うことがあるかもしれません。
相続放棄は相続自体を拒否するので、実際には借金やローンがある場合は放棄することも認められています。
しかし、状況によってはそれが難しいこともあるので注意しておきましょう。

裁判所が無効だと判断してしまえば、相続放棄ができなくなることもあります。
それは稀なパターンですが、実際の判例の中でも相続に関して無効となる場合や相続放棄に関して無効となる場合もあります。
相続放棄をする人がいる場合などは、どのような条件で無効となるのかを知っておくことが必要となるのではないでしょうか。
その他、何かわからないことがある場合は、専門家と相談しておくことをおすすめします。