投稿日:

相続放棄した際の相続税の計算

相続税の計算において相続放棄した人がいる場合、その計算はどうなるのかわからない方もいるかもしれません。
基本的に相続税というのは、相続した遺産によって課税されるものとなっています。
それに準じて計算し、税務署に申告して納付することが必要です。

例えば祖父母や父母が亡くなった場合、配偶者や子供、孫で遺産分割協議をおこなってそれぞれ相続するものを決めていきます。
それに対して、相続税がそれぞれ課税されるのです。
ただ、残された家族や遺族の中には、相続放棄する方もいるかもしれません。
そうなった場合、相続税の計算がまた変わってくるので気を付けておきたいです。

まず、相続放棄する本人は相続自体を放棄したため、遺産を一切受け取ることはできなくなります。
当然ですが遺産を受け取らないのですから、相続税を支払う必要もありません。
むしろ、そういう点を加味して相続放棄をする人が多いです。
ただ、そこで注意しておきたいのは、生命保険など他の財産がある場合です。
これらに関しては相続の権利とはまた違った考え方で、控除などの対象となります。
そのため、生命保険金などは相続放棄をした方でも受け取ることは可能です。
しかし、その生命保険金などが控除額よりも大きくなれば、相続税の支払いが必要となります。
その点には注意が必要となるでしょう。

一方、相続放棄していない人たちは、相続放棄した人の分も分割して受け取ることとなります。
そのため、必然的に支払う相続税も大きくなります。
なぜなら、相続放棄をした人がいる場合は、その人を「もともと相続人ではなかった」と考えるわけです。
つまり、もともといなかったということなので、その分の財産や資産にかかる税金を、他の人で分割して負担しなくてはならないのです。
その考え方が基本なので、十分注意して相続放棄については考えておくことが必要となります。
相続放棄する本人はもちろん、相続放棄しない人とも話し合って決めていきましょう。