投稿日:

相続放棄で相続税の子供の影響

相続放棄で相続税自体を支払わないようにする場合、子供への影響がどのようにあるのかについても考えておくことが必要となります。
例えば、夫や妻が亡くなった際、その配偶者には、財産や資産の相続権利が発生します。
本来はそのまま相続して、相続税をしっかり申告し、納付するというのが一般的な流れです。
しかし、人によっては相続放棄するという場合もあるでしょう。
その場合、子供がいるのであれば、次に子供が相続の権利を有するということになります。

もともと相続に関しては、配偶者と子供が遺産の半分を受け取る権利を有しているため、配偶者が相続放棄すれば、その権利は必然的に子供に継承されるのです。
そうなると、子供の相続税負担が大きくなるので、考えて対処しなくてはなりません。

また、配偶者だけではなく、例えば父母や祖父母から相続するという場合も同様のことが言えます。
そこは相続税などの関係もあって相続放棄したいと思うことが多いかもしれませんが、十分に考慮しておくことが必要となります。
もちろん、莫大な住宅や土地などの不動産、預金状態にある現金などがあるのなら、相続した方が良い場合もあるでしょう。
ただ、配偶者と子供は相続する規模も大きくなるため、十分に考慮していくことが必要となります。
相続に関しては、色々な状況によって変わってくるので、素人が判断するのは難しいことも多いです。

専門家と呼ばれる人々がいるので、わからないことがある場合はそちらに相談してみてください。
基本的に専門家に関しては、弁護士などが頼りになる他、各種手続きに関しては司法書士、税金に関しては税理士というように使い分けていくのも良いです。
その他、相談できる機関もあるので、何か迷ってしまった場合は相談してみてはいかがでしょうか。
相続は子供たちにも影響が出てくるので、その点もしっかり考えて相続放棄などの選択肢も考えておきたいです。
十分に考慮してから選択することをおすすめします。