投稿日:

相続税を放棄する際の生命保険

相続税を放棄する場合、生命保険などはどのように絡んでくるのか、不安になっている方も多いのではないでしょうか。
基本的に生命保険などの人生に重要な保険に関しては、相続税などを申告する際に、控除されることがあります。
簡単に言えば、生命保険の支払い分を差し引くことができるので、税金の支払い自体は安くすることができるのです。
しかし、相続放棄をする場合は、その生命保険の立場もどうなっていくのでしょうか。
その点については、イマイチ理解していない方も多いです。
確かに少しわかりにくいので、噛み砕いて頭で理解していくことが必要となります。

そもそも相続税というのは、相続するものがある場合に課税されるものとなっています。
相続放棄というのは、その相続自体を放棄するものなので、当然ですが相続税も発生しません。
相続するものを受け取らないのだから、当然のように相続税はかかりません。
もちろん、住宅や土地の不動産をはじめ、貯金などの現金を相続する場合などは、それぞれ計算して相続税を申告し、納付する義務があります。
ただ、相続放棄をしてしまう場合は、その権利ごとすべて放棄することになるため、実際には課税されることもありません。
つまり、相続放棄した場合は、生命保険の有無に関わらず、税金を支払う必要はないのです。
もちろん、身勝手に「相続税を払いたくないから」「借金やローンを請け負いたくないから」という理由で相続放棄する場合、裁判所などに目を付けられることもあるかもしれません。
その場合は気を付けておきたいです。

ちなみに、相続税がある場合でも、生命保険で支払っている保険料などの方が大きければ、控除される分も多くなります。
相続税というのは、あくまでも相続によってプラスになる人に対して、正当な税率で計算して請求されるものです。
つまり、生命保険の支払いなどによって、実質マイナスになってしまうという場合には、相続税を支払う必要もないので
す。
相続放棄の場合はもともと支払うことも必要なくなるため、そこは専門家と相談して必要な手続きを進めましょう。