相続放棄で使う相続税の関係図

相続放棄について、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
相続する人たちに関しては、やはり相続に関して悩むことも多くなります。
そもそも相続がない場合は良いですが、相続するものが多くなればなるほど、相続税も大きくなりますし、誰がどのようにどれだけ相続するのかという点も話し合う必要が出てきます。

▼ 目次

相続は話し合いが大切

それに加えて、相続というのは遺言書の影響もあるため、その効力についても考慮して話し合うことが必要です。
何も書かれていない場合は法律で定められている関係を考慮し、それによって分割協議を進めていくことが必要となります。
それぞれ考えておくことが多いため、しっかりと考えて対応していくことが必要となるのではないでしょうか。
近年は相続する方も多くなっており、問題を抱えている方も多いです。

そんな方の中でも、特に悩みの種となっているのが相続税なのではないでしょうか。
基本的に相続税に関しては、生前贈与によって節税対策を進めることができるのですが、当事者が亡くなってしまってから財産や資産があることを知るという方も多いです。
また、遺産に関してはそこまで大きくなく、所有している人によっては相続を受けないという方もいるかもしれません。
それぞれの状況によって相続税の関係が大きく変わってくるので、その点に関しては注意が必要となります。
基本的に相続税に関しては税金なので、それのみを放棄するということはできません。
相続自体を放棄するのであれば相続税がかかりませんが、場合によっては放棄できない場合があるので、その点は注意が必要となります。

相続税について

相続税の関係図を作成しよう

まずは相続税をどのようにするのか、関係図を作成してみましょう。
関係図というのは、簡単に言えば、相続する人たちの図を作成し、それごとにどれくらいの相続税があるのかなどを明記したものとなります。
配偶者と子供、孫、直系の家族や兄弟姉妹、それぞれフルネームと生年月日、住所なども合わせて明記しておくとわかりやすいです。
相続するものを分割する場合は、それぞれが協議をおこなって受け取るものを考えていく必要があります。
当然ですが、相続する内容によって相続税も変わってくるので、そこも合わせて考慮していくようにしましょう。
細かな点に関してはわからないことも多いでしょう。
そういう場合は、税理士に相談してみるというのも良いのではないでしょうか。
税理士の場合は、相続するものに対しての税金を計算してくれます。

相続の基礎控除に関してはこちら

また、税理士の場合は節税に関しても相談に乗ってくれるので、相続税を安くしたいと思っている場合は、相談してみる価値も多いのではないでしょうか。
税理士に相談する場合でも、関係図を作成しておけばよりわかりやすいです。
ちなみに、相続する関係については、それぞれの家庭によって状況も異なります。
例えば、被相続人の配偶者がすでに亡くなっている場合もあれば、その子供たちも亡くなっている可能性があります。
そうなると、相続する際の分割内容が変わってくるので、その点も注意するようにしましょう。
その他、離婚していたり、離別していたりする場合も考えなくてはなりません。
十分に考慮して、わからないことは税理士などに相談して解決していくようにしましょう。

相続については生前に話し合うのがおすすめ

できる限り被相続人が生きている間に、話し合いを進めていくことをおすすめします。
もちろん、被相続人本人が亡くなってからの話をするのは心苦しいかもしれません。
しかし、誰にどれくらいの相続をするのかという点は、しっかり考えておかないと後々に面倒なことになるかもしれません。
例えば、被相続人が相続してもらいたい人を選んでいたとしても、相続人が拒否するかもしれません。
中には必要のないものということで、相続放棄する場合もあります。
それらも関係図を合わせて生前に話し合っておけば、よりトラブルや問題を抱えずに済みます。

相続放棄をしようと思っている方は、そのことを被相続人に伝えておくようにすると良いでしょう。
例えば、すでに遠方に住んでいて、自分の住宅や土地を持っている方は、被相続人が残す住宅や土地を受け取りたくないということもあるでしょう。
また、借金やローンに関しても残っていることなどがあり、それらを拒否したいと思うこともあるはずです。
もちろん、借金やローンだけ相続放棄するということは難しいのですが、それらの点も含めて、まずはどのように相続するのかを考えてみることが必要です。
場合によっては相続放棄できる場合もあるかもしれないので、相続税の試算も含めて税理士に相談してみるのが良いのではないでしょうか。

なお、何も知らずに相談しても話が平行線になることもあるので、関係図を作成して、相続する人をあらかじめ決めてから相談するというのも良いかもしれません。
できる限り被相続人本人が生きている間に話し合いを進めるようにしておきましょう。
それが上手に相続を乗り切る方法と言えます。

もし、わからないことがあるということであれば、税理士の他に弁護士や司法書士、信託銀行などもあるので、そういう専門家に相談してみてください。